タブレット心電計について

なぜタブレット心電計を開発?

在宅医療での心電図検査はとても重要です。 その為には携帯性の向上を考慮しなければなりません。 携帯性を向上させる為には、ノートPCより小さいタブレット端末を使えれば良いと考え、密かに開発を進めてきました。 私自身がiPad が好きなのでそれで動いたら嬉しかったのですが、iPadとのBluetoothでの通信に問題があり、アンドロイド端末なら早く完成する事が判明し、まず先にアンドロイドOSの対応を行いました。現在、画面の最終調整中です。

gamen4-2

収録した心電図は、お使いのECG Explorer 500A,X1,X2 に転送できます。
今回検証したアンドロイドOSは、バージョン4.1、4.2。
4.3、4.4は対応中です。

スペックは

CPU はクワッドコア。画面サイズ1280×800 以上。ブルートゥースは必須。

お勧めとして

在宅診療が中心の場合、NEC の7インチがとても軽くて使いやすいです。
NEC Tab S TS507
医院での診療が中心の場合、診療机の上でとてもおしゃれに使いこなせるLenovo YOGA Tablet 10インチがお薦めです。
LENOVO YOGA TABLET 10